未分類

楽しく仕事をしたい! 自分が仕事をすることで、患者さんの気持ちを和らげ、症状を改善する手助けになるという
気持ちを持てる人。私とスタッフ一緒になって、熱い気持ちで医療に取り組みましょう!!

東京電力の公式発表では、東電福島第一原発からは、毎日2億4千万ベクレルの放射性物質が放出されているとのこと。
東電が公式にコメントしたにもかかわらず、マスメディア各社は申し合わせたかのように何も報じない。東電や政府やメデイアのこれまでの態度からみると、ひょっとすると、2億4千万ベクレル以上かもしれないと思われる。
日本は既に報道管制がしかれた情報統制国家であると言うべきであろう。東電福島第一原発は今も24時間休むことなくこれだけの放射性物質を大気中に放出し続けており、核燃料冷却のための大量の水が高濃度汚染水と化し、地中や海水中に大量に不法投棄され続けている。汚染物質は大地や海や内陸の湖沼、河川に堆積し、農作物や水産物の汚染は深刻さの度合いを深めている。それが現状なのに、政府や福島県はメディアを使い、まるで事故が収束したかの様な嘘をつき続けており、原発に近い地域からの避難を促すどころか住人を呼び戻そうと画策している。安全基準も、事故前は年間1ミリだったのが根拠もなしに20ミリに、20倍に引き上げられた。事故があったから基準を引き上げるのでは、何のための基準かわからない。チェルノブイリにおいては、年間5ミリで強制移住だったことからすると、福島での住民の命の軽視が強く感じられる。。日本では、子供までも20ミリまでは大丈夫だとしているのだ。とんでもないことだ。日本は地震国である。日本をとりかこむ4つのプレートが盛んに動いている。多くの学者が、原発の直下かその近辺に活断層があると警告しているのに、それでも再稼働しようとしている。地球を滅ぼす気か!
そんな時に行われる衆院選挙なのに、脱原発は争点になっていない。意図的か政治家が原発の危険性を認識してないのかが、分からないが、「国防軍」「憲法改正」などが争点にされ、原発事故は隠されてしまっている。「反原発」「反TPP」は、密接に関連しており、是非とも、この美しい日本、私達の故郷、子供達の命を守るために、衆議院選挙に、必ず出かけて、「反原発」「反TPP」を訴える立候補者に、是非1票を投じましょう。

 

 ある医療記事で、こんな報告を見つけました。「欧米には寝たきり老人がいない」そうです。 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当然で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民み んなが認識しているからということでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。それで、日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。 したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなってしまうということです。寝たきり老人がいないのは当然ですね。
 欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、喋ることもできず、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されて いる高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。  

    こういう記事を見ると、考えてしまいます。

                                (浅川嘉富氏より)

ペルーのナスカの近くにあるイカの砂漠から発見された石「カブレラストーン」と呼ばれる線刻石は、学者が説く地球と人類の歴史がいかに誤ったものであるかを示す有力な証拠物件である。そこには6500万年前に絶滅したとされる恐竜と人類との共存を示す絵が描かれ、また、天体望遠鏡を覗く姿や脳外科や帝王切開の手術の様子も描かれている。これら過去の歴史を語る遺物から推測すれば、隠されている地球歴史上の真実は、計り知れない、と思われる。。

大麻は、習慣性、中毒性のある麻薬の分類には入らない。しかし、規制対象である、この植物の花穂と葉の精神活性物質とは、どれ程の精神的・身体的・社会的リスクがあるのだろうか。日本では、「大麻取締法」という法律があり、大麻には手を出してはいけない!という『大麻危険神話』があるようだ。アメリカのドラッグ問題の中心である国立薬物乱用問題研究所の発表したデータでは、薬理学的(中毒性)には、ヘロインとアルコール、コカインとニコチン、マリファナ(大麻)とコーヒーのカフェインがそれぞれ同じであると発表している。これでみれば、、コーヒーと同じマリファナは解禁してもいいのかも知れない。衣・食・住・医など多方面に利用することのできる、日本では、古来から重宝されてきた、この大麻を利用できるように、法律を変えていかなければならないと思う。

太陽は常温の星であるという説を展開している故関英男工学博士の説。
1998年に入って、太陽表面の温度が低温であることをNASAの宇宙ロケットが
実証したとの情報がある.

勿論これを大々的に公表すれば、天文学のみならず、一般大衆の思想に及ぼす影響は計りしれないが、現在のところ、非公式ではあるが、極めて信憑性の高い情報である。というのは、成蹊大学で素粒子の理論物理学を専攻した、川又審一郎氏がNASAに1977年から8年間留学し帰朝した講演会の中で、太陽の表面や水星の温度は既に実測され、太陽は26~27度Cであり、水星は氷点下何百度という氷の星であると発表した。

従来NASAが太陽面観測に踏み切れなかったのは、一般科学常識として6000度
という高温が信じられているので、無謀な実験と考えられていたからであろう。しかし、
そのような高温では、到底存在しそうもない水が、現実に存在するとの確実な証拠を
示す論文が、権威ある米国の科学雑誌”Science”1995年6月26日号に発表され、
ついで同誌1997年7月18日号に、それを確認するような記事が掲載されたので、
NASAでも実測してみようと決意し、実測が行われたのではないかと想像している。
あるいは、何か他の動機で、早くから実測していたたのかもしれないが、その点不明である。

目先のことばかり考えずに、これから先の子供たちのことを考える。他の国々がTPPについて、本音は何かを考える。

政治家は、もっとしっかり考えて、論議を尽くさねば、いけない。軽薄な政治家が多すぎる。

地震に気を付けましょう。いつ何時、何処で発生するかわかりません。用意は万端に!

なぜにブログが消えたのか?

放射能は、地球の生態系を狂わし、総ての生命を滅ぼします。我々人間は成す術もありません。人間の手で、処理できず、自分達の生命まで危険にさらす原発を、経済的な豊かさを求めるためだけに、使おうという愚かさが、私には理解できません。便利でなくてもいい、お金はなくてもいい、精神的に、文化的に満たされれば、それでいいのではないか、命が無ければ、生きて何もできないのだ。

2018年10月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031