2011年 5月 5日

 

 突入した隊員のヘルメットに装着されたカメラで、襲撃の一部始終がホワイトハウスに同時中継されたそうだ。

それを見ていた米政府首脳各人も、「殺人者」と同罪だと思う。
たしかに、ビン・ラディンも殺人者ではあるかも知れない、しかし、彼だけではなく、一緒にいた彼の息子も、女性さえも

殺された。その一部始終を眺めていた政府首脳達も「殺人者」であることは間違いないと思える。

他国にいる一人の人間を殺す目的で部隊を動員し、その殺人行為の一部始終を中継で眺め、「正義は下された」と勝利宣言する為政者が率いる「国家」。そして、「殺人」を「喜び」とする感性、そこには、一片の「健全さ」も感じられない。

日本はしっかりしなければ、とんでもない方向に連れて行かれている様な気がする。