2011年 7月 20日

日本人の平熱は、36度から37度ですが、ここ10年ほどで35度台の低体温の
人が増えています。
女性に多い傾向があったのですが、最近は子供や男性にも増え、様々な不快な
症状や病気を引き起こす原因にもなっています。体温が1度低くなると、代謝は
約12%低下し、白血球の動きも悪くなり、免疫力も低下するそうです。
この中で、体温が低下すると何が一番怖いかと言いますと、免疫力が低下するこ
となのです。実はがん細胞が最も増殖しやすい温度が35度なのです。つまり、平
熱が下がると免疫力が低下し、ガンが発症しやすくなると考えられるのです。
 そして、もし平熱が36.5度から37度の間にない方は、健康
状態を維持するためには体温を高める必要がありそうですね。
 人間が生命を維持する上で、重要な働きをする酵素が最も
活発になるのが、37℃から40℃なのです。新陳代謝も高まります。
体温を上げることによって免疫力を高めていると言えるでしょう。
低体温の原因と、対策は次回に書きます。
 

 

 

  

 

 

 

2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031