2011年 7月 29日

低体温は、次のような食生活や生活習慣が複合的にからみあい引き起こすと

言われています。
1.冷暖房などが整っている住環境
2.湯船につからずシャワーだけですます入浴
3.体を締め付ける下着    4.運動不足
5.過度のストレスによる血行不良やホルモンのアンバランス
6.食事の不節制、食べ過ぎなどの乱れた食習慣
8.冷たい物や甘い物の食べ過ぎ
9.季節はずれの野菜や果物の摂取
10.過激なダイエット    11.不要な薬の飲み過ぎ
 こうした生活習慣が、低体温の身体を作る要因となっているのです。
 そして体温が低いと免疫力が低下してガンや様々な疾患のもとにもなります。
具体的に体温を上げるためにはどうすればよいのかは、先ほど羅列しました様な
体温を下げるような原因を改善していくことが、大切だと思います。
 少し付け加えておきますと、食生活は、血行を良くするミネラルを多く含む魚介
類や緑黄色野菜を多く摂取することが好ましく、睡眠では夜に規則正しい睡眠
をとり、ホルモンバランスを整える、そして、適当な運動、熱を生み出す筋肉を使
うことで、体を温める効果があります。それと、もう一つ、手や足、首を優しくマッサ
ージして、血管を刺激することです。
2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031