国歌君が代

国歌「君が代」は行事の際に、歌われますが、反対する人たちも多数いるようです。しかし、本当の意味を知っている人はどれほどいるのでしょう。それは日本人のルーツを知らなければ分からないのかも知れません。泉パウロ氏の著書によると、「君が代」には、音で本来の意味を伝えようとする意図が隠されているそうです。これが分かると、何故闇の勢力偽ユダヤ(アシュケナジーユダヤ)が日本だけを執拗に攻撃するのが分かります。私たちの血のなかには真正ユダヤ(スファラディーユダヤ、人類の始祖アブラハムの子孫)が受け継がれているからだそうです。興味深い意見だと思います。ヘブライ語で、「君が代」の解釈をすると、次のようになるそうです。

日本語     ヘブライ語            ヘブライ語の意味
君が代は     クムガヨワ           立ち上がる
千代に      テヨニ               シオンの民
八千代に     ヤ・チヨニ            神・選民
細石の      サッ・サリード          喜べ・人類を救う、残りの民として
巌となりて    イワ・オト・ナリァタ       神・予言・成就する
苔の生すまで  コ(ル)カノ・ムーシュマッテ   全ての場所・語られる・鳴り響く  

したがって歌らしくすれば

   立ち上がれ、神を讃えよ!
   神の選民 シオンの民!
   選民として 喜べ!
   人類に救いが訪れ!  
   神の予言が成就する!
   全地あまねく 宣べ伝えよ!   
              
              泉パウロ著、「本当かデマか3・11人工地震説の根拠」より 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

2020年2月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829