謎の太陽

太陽は常温の星であるという説を展開している故関英男工学博士の説。
1998年に入って、太陽表面の温度が低温であることをNASAの宇宙ロケットが
実証したとの情報がある.

勿論これを大々的に公表すれば、天文学のみならず、一般大衆の思想に及ぼす影響は計りしれないが、現在のところ、非公式ではあるが、極めて信憑性の高い情報である。というのは、成蹊大学で素粒子の理論物理学を専攻した、川又審一郎氏がNASAに1977年から8年間留学し帰朝した講演会の中で、太陽の表面や水星の温度は既に実測され、太陽は26~27度Cであり、水星は氷点下何百度という氷の星であると発表した。

従来NASAが太陽面観測に踏み切れなかったのは、一般科学常識として6000度
という高温が信じられているので、無謀な実験と考えられていたからであろう。しかし、
そのような高温では、到底存在しそうもない水が、現実に存在するとの確実な証拠を
示す論文が、権威ある米国の科学雑誌”Science”1995年6月26日号に発表され、
ついで同誌1997年7月18日号に、それを確認するような記事が掲載されたので、
NASAでも実測してみようと決意し、実測が行われたのではないかと想像している。
あるいは、何か他の動機で、早くから実測していたたのかもしれないが、その点不明である。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

2017年11月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930