銀河中心から、巨大エネルギー

NASAが今年の10月に、「銀河の中心を軸として南北に 25,000光年の広さで放射されている、2つの巨大なガンマ線の流れを確認」というニュースを発表した。これは、「銀河の中心」からのとてつもなく大きなエネルギーが、今現在、周辺宇宙に発せられていることを確認したということである。 このエネルギーの本質について、研究者達には「放射線の一種であるX線やガンマ線」ということ以外には分かっていないようだが、NASAの研究者たちによって観測されたエネルギーの大きさは、今、噴出している太陽の巨大フレアー(70万km)に比べて数百万倍 に達するというから、その凄さは大変なものである。この途方もないエネルギーが太陽系に届き、太陽や地球に影響を及ぼしてきているのである。地球は直接このエネルギーを受けるだけでなく、 同じエネルギーを浴び一大異変を起こした太陽からの更に増殖した生命エネルギーも同時に受けているのである。 地球に起き始めている様々な異変、そしてそこに住む人間にもたらされている心の変容、それらはこれから先一段と大きくなり、程なくしてピークに達しようとしているのかも知れない。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

2018年6月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930