サイマティックス・セラピー

治療器 【音振波動療法】
本来持っている健康な音を、体に聞かせて、歪んだ体のバランスをとり、体が本来持っている健康な状態に 戻す療法です。

当院では、様々な音波(周波数)を利用したサイマティックスという治療器を使った施療を行なっています。この機器は英国製で、2002年のサッカーワールドカップ直前に、イギリスのベッカム選手が足首を捻挫骨折した時、治療に使われ、奇跡的な回復をもたらしたという機器です。





サイマティックスの歴史

1809年、ドイツの科学者エルンスト・クラドニは、砂を薄くまいた皿のそばでバイオリンを弾き、砂が複雑な幾何学模様を描くことで、『音波は物体を動かす』ということを証明しました。
 スイスの科学者ハンス・イェニーは、クラドニの実験の追試を行ないました。
イェニーは、砂、鉄紛、プラスティックの微粒子、水銀などの色々な素材を紙の上に置き、周波数の異なる音を下からあて、音の周波数や増幅の度合い、素材の違いなどによって、三次元的な奥行きや独特の質感をともなった複雑な模様を描く様子を、『トノスコープ』と言う装置を使って映像化しました。イェニーはさらに、細胞には独自の周波数(肝臓には肝臓独自の、腎臓には腎臓独自の周波数がある)があることを発見しました。

 1981年代、国立フランス科学研究センターの生物学者エレーヌ・グリマルとフランスの作曲家で生体エネルギーの研究家ファヴィアン・ママンは、低周波(30〜40デシベル)の音が人間の細胞におよぼす影響を顕微鏡下で観察しました。
彼らは、正常な細胞とガン細胞に色々な音を聞かせて、その反応を調べました。
その結果、ある可聴域の音が、ガン細胞を死滅させることを発見しました。

 イギリスの医師ピーター・ガイ・マナーズは、イェニーやグリマルとママンの理論をさらに研究し、人間の各組織の周波数の乱れが体の不調を引き起こし、病気を引き起こす という仮説を立て、周波数の乱れた組織へ正常な周波数(音)をあて、本来の組織の周波数に調律すれば、体の調子を整えられる のではないかと考えました。
 マナーズは、彼の仮説を実証するため、健康なときに発信している身体部位や臓器の音を約4000種類まで解明し、現在実用で約600種の音のパターンを組み合わせ、その音を共鳴(レゾナンス)させることで医学や健康の領域に応用、活用するためのサイマティック装置を開発しました。
この装置は、細胞や臓器の周波数ばかりでなく、生命活動に関係する様々な波動を含む音を出すことが出来ます。各音は、五種類の可聴音域の合成音からなり、この合成音をアンジュレータと言う振動子で振動に代えて、患部または鍼灸のツボに直接接触させて治療したり、トランスミッターと呼ばれる装置で、音を電気信号に変換して手首から流すことで治療します。
この装置を使った治療法を、サイマティックス・セラピー(音響励振療法Cymatics Therapy)と言います。

治療器  マナーズ博士の40年以上の研究と臨床の中で構築、体系化されたサイマティクス音響振動療法(マナーズセラピー)は、今、たくさんの人々の健康に役立ち、注目されています。





マナーズセラピー協会

http://www.manners-therapy.com/about.html
 21世紀は、『波動医学の時代』と言われています。その中でも特に注目を集めているのが、サイマティクス・セラピーです。残念なことに、日本でのサイマティクス・セラピーの歴史は浅く、サイマティック装置もあまり普及されていないため、あまり知られていません。しかし、アメリカやヨーロッパでは研究が進んでおり、イギリスのBBC放送で紹介されたり、インターネットで国際的なネットワークが作られつつあります。

サイマティックスの働き

花 □ 脳の活性化、脳の左右半球の活性化。
□ 骨折や組織損傷などの治癒促進。
□ 免疫系の増強、アレルギー疾患の改善。
□ 器官・腺、および器官系へのエネルギー流を正常化。
□ 脳波におけるα波の増加により、精神と肉体の深いリラックスを促進。
□ 細菌やウィルスの成長と再生を抑制し、感染症の改善。
□ カリウムイオンを増大し、アルカリ性を増大させ、酸性化の改善。
□ 痛み情報の脳への電気伝達を少なくすることにより、鎮痛効果を実現。
□ 感染による痛みを軽減する。化膿、腫れ、熱がある場合なども有効。
□ 熱傷の沈静化を促進し、火傷部位への体液の集中を減らす。
□ 組織の緊張抑制と血管拡張を起こす。浮腫や痺れや麻痺を除去する。
□ 肝臓の有効酸素消費量を増加する。
□ 四肢抹消温度の上昇。高血圧の改善。
□ アトピーのサイマティックスによる治療は特に効果がある方が多く、治療直後から改善する
  場合も多い。

花

適応症

1)整形外科疾患(骨粗鬆症、骨折、関節炎、神経痛、打撲など)
2)アレルギー疾患(花粉症、アトピー性皮膚炎など)
3)鞭打ち症候群(痛み、重だるい、肩こり、頭痛、吐き気、眼精疲労など)
4)各種の精神、神経疾患 (パニック、過呼吸、神経症など) 5)循環器疾患
6)皮膚疾患
7) 自律神経失調症  など
 他にも、身体のあらゆる部分の疾患に応用されつつあり、ガン、脳卒中後の片麻痺、膠原病、肥満、美肌、歯科領域、並びに獣医領域においても応用されつつあります。

調整料

この施療は、健康保険が使用できません。それで、調整料が次の様になっています。
1回目:体験として、無料      2回目以降:2,000円
この機器の理論を知って、受けられて下さい。2回目は、1回目を受けられ、納得されて、受けられて下さい。